キューちゃんの歴史キューちゃんの歴史

1962年(昭和37年)にきゅうりのキューちゃんは発売されました。

服部光作品展開催中

服部光作品展開催中

変えないこと 変えてゆくこと ~お客様と歩み続けた歴史~変えないこと 変えてゆくこと
~お客様と歩み続けた歴史~

高度経済成長のまっただなか、東京オリンピックを2年後に控えた1962年(昭和37年)にきゅうりのキューちゃんは発売されました。
「今の家族にあった刻み漬をつくりたい!」開発者の強い“志”と、当時としては革新的であった3つの商品特徴により、
「きゅうりのキューちゃん」は一躍ヒット商品となりました。私たちの原点はこの開発者の強い“志”にあります。

3つの革新性

1960年代(昭和35年~昭和44年)1960年代(昭和35年~昭和44年)

  • 1962年(昭和37年)
    キューちゃん誕生
  • 初代キャラクター
  • 1965年(昭和40年)
従来の漬物の枠をこえた革新的商品としてデビュー、一躍全国へ従来の漬物の枠をこえた革新的商品としてデビュー、一躍全国へ
  • 1962年(昭和37年)
    きゅうりのキューちゃん発売(当時の塩分は10%以上ありました。)
  • 1963年(昭和38年)
    坂本九さんを起用したTVコマーシャルを放映
  • 1966年(昭和41年)
    加熱殺菌技術を導入(塩分8.7%に低塩化)
  • 1967年(昭和42年)
    きゅうりのキューちゃんが内閣総理大臣賞を受賞しました。
  • テレビ受信契約者1000万突破
  • 日米初のテレビ中継実験成功
  • 東京、世界最初の1,000万人都市に
  • ビートルズ来日
  • 堀江さん、小型ヨット太平洋単独横断

1970年代(昭和45年~昭和54年)1970年代(昭和45年~昭和54年)

  • 1970年(昭和45年)
  • 1973年(昭和48年)
    JASマークがつきました。
  • 1975年(昭和50年)
品質第一主義のキューちゃんの成長期品質第一主義のキューちゃんの成長期
  • 1970年(昭和45年)
    低温熟成方式を採用(塩分6.5%に低塩化)
  • 1973年(昭和48年)
    愛知県田原町(現田原市)にキューちゃん専用工場が完成
    (漬物業界初のJAS認定工場)
  • 1977年(昭和52年)
    きゅうりのキューちゃん10億袋を突破、
    10億袋キャンペーン実施
    塩分を6.0%に低塩化
    キューちゃんL 発売開始
  • 日本万国博開催(大阪)
  • “日本沈没”ロングラン、文庫本ブーム
  • 国内初の使い捨て100円ライター発売
  • 王選手 756号ホームランで世界記録
  • ひらけ!ポンキッキ、放送開始

1980年代(昭和55年~平成元年)1980年代(昭和55年~平成元年)

  • 1981年(昭和56年)
  • 2代目キャラクター
品質改良を重ねてさらに成長品質改良を重ねてさらに成長
  • 1981年(昭和56年)
    キューちゃんキャラクターが2代目に(塩分を5.2%に低塩化)
  • 1989年(平成元年)
    テレビCMと消費者プレミアムに、風間トオルさんを起用。
    キューちゃんの知名度も高まり、売上も伸長。
  • スペースシャトル打ち上げ成功
  • 沖縄でヤンバルクイナ発見

1990年代(平成2年~平成11年)1990年代(平成2年~平成11年)

  • 1991年(平成3年)
  • 1994年(平成6年)
  • 1998年(平成10年)
    保存料・合成着色料
    不使用になりました。
  • 3代目キャラクター
    3代目キャラクター
品質第一主義のキューちゃんの成長期品質第一主義のキューちゃんの成長期
  • 1991年(平成3年)
    キューちゃんキャラクターが3代目に(塩分を4.8%に低塩化)
    食品ヒット大賞において「ロングセラー賞」を受賞
  • 1994年(平成6年)
    塩分を4.4%に低塩化
  • 1998年(平成10年)
    保存料・合成着色料を使用しないキューちゃんへリニューアル
  • 東京ディズニーランドに1億人目のゲストが来園
  • イチロー選手が史上初のシーズン210安打
  • ジュリアナ東京オープン
  • 冬季オリンピック長野大会が開催
  • F1ブーム
  • サッカーW杯仏大会に日本が初出場
  • 関西国際空港が開港

2000年代(平成12年~平成21年)2000年代(平成12年~平成21年)

  • 2001年キューちゃん
    2001年(平成13年)
  • 4代目キャラクター
    4代目キャラクター
  • 2003年キューちゃん
    2003年(平成15年)
  • 5代目キャラクター
    5代目キャラクター
  • 2007年新キューちゃん
    2007年(平成19年)
    キューちゃん
  • 2008年ぷちキューちゃん
    2008年(平成20年)
    ぷちキューちゃん
安心・安全・健康を取り込んでさらに品質改良安心・安全・健康を取り込んでさらに品質改良
  • 2001年(平成13年)
    キューちゃんキャラクターが4代目に(塩分を3.95%に低塩化)
  • 2003年(平成15年)
    東海漬物製造株式会社より東海漬物株式会社へ社名変更
    キューちゃんキャラクターが5代目に
  • 2005年(平成17年)
    テレビCMと消費者プレミアムに、川口能活さんを起用。
  • 2007年(平成19年)
    国産土佐一しょうが&沖縄産ゴーヤ使用で、キューちゃん発売
    食物せんい3000mg入り(100gあたり)(塩分を3.8%に低塩化)

    キューちゃん平袋 食品包装部門賞 受賞
    (日本パッケージングコンテストにて JPI主催)
  • 2008年(平成20年)
    ぷちキューちゃん発売
    ぷちキューちゃん 食品包装部門賞 受賞
    (日本パッケージングコンテストにて JPI主催)
  • 「千と千尋の神隠し」アカデミー賞受賞
  • 北京オリンピック
  • 六本木ヒルズがグランドオープン
  • リーマンショック

2010年代(平成22年~)2010年代(平成22年~)

  • 2010年キューちゃん
    2010年(平成22年)
  • 2010年ぷちキューちゃん
    2010年(平成22年)
    ぷちキューちゃん
  • 2012年キューちゃん
    2012年(平成24年)
  • 2012年ぷちキューちゃん
    2012年(平成24年)
    ぷちキューちゃん
  • 2012年キューちゃんかつおだし風味
    2012年(平成24年)
    キューちゃん
    かつおだし風味
  • 5代目キャラクター
    6代目キャラクター
  • 2015年新キューちゃん
    2015年(平成27年)
    新キューちゃん
  • 2015年ぷちキューちゃん
    2015年(平成27年)
    ぷちキューちゃん
  • 2015年こつぶキューちゃん
    2015年(平成27年)
    こつぶキューちゃん
  • 5代目キャラクター
    7代目キャラクター
お客様との「絆」を強めてさらに進化お客様との「絆」を強めてさらに進化
  • 2010年(平成22年)
    東海漬物の企業ビジョン、ブランドスローガン、
    ロゴを一新し、パッケージをマイナーチェンジ。
  • 2012年(平成24年)
    〈きゅうりのキューちゃん〉発売50周年。
    コクと旨味をアップさせ、新デザイン・省資源化パッケージでリニューアル発売。
    お客様から寄せられた声と現代の嗜好への対応から、かつおの香りと、コクと旨みをよりアップさせた「キューちゃんかつおだし風味」を発売。
  • 2015年(平成27年)
    キューちゃんの最大の特徴である醤油の旨さをさらに追求して、新デザインでリニューアル発売。
    キューちゃんのキャラクターも7代目に変更。
    「もっと食べやすく便利に」というお客様の声をもとに「こつぶキューちゃん」を新発売。
  • サッカーワールドカップ南アフリカ大会 ベスト16
  • なでしこジャパンがワールドカップ初優勝
  • 小惑星探査機「はやぶさ」が帰還
  • ロンドンオリンピック